志望理由書/自己推薦書(自己PR書)/小論文/面接 …… 「学校推薦型選抜」「総合型選抜」の試験項目を全部まとめて徹底指導!


学校推薦型選抜/総合型選抜で課される①志望理由書 ②自己推薦書(自己PR書) ③小論文 ④ 面接 には、それぞれ特有の出題意図があります。それを知らないまま闇雲に答えても大学側を満足させる内容にはなりません。本講座では、大学側の視点から論理的に導き出される「ストライクゾーン」を熟知した塾長(下写真・野中)が受講生一人一人を直接指導。より短期間で①~④の解答力・回答力を合格レベルに押し上げます。添削回数は無制限。規定回数(100分×8回)を経ても力量が合格レベルに達しなかった場合は、無料で指導を継続します。


About us

  • 大学側の出題意図を知れば、「合格」の二文字は「グッ!」と近づく!

    かつて大学受験生の圧倒的多数は毎年1~3月に実施される「一般選抜」を受験していました。ところが現在(2022年以降)、国公立大学&私立大学で「学校推薦型選抜」「総合型選抜」を受験して入学した人の総数は「一般選抜」で受験した入学生の数を上回るに至っています。今や「学校推薦型選抜」「総合型選抜」は、「一般選抜」と並ぶ大学入試形態の三本柱の一角を成しており、これら三種の入試形態は互いに同格のものとしてそれぞれ独自の地位を与えられています。したがって、「学校推薦型選抜」「総合型選抜」を利用する受験生が当該選抜試験で合格を勝ち取ろうとすれば、「学校推薦型選抜」または「総合型選抜」の、独自の基本方針(=大学側の意図)を正確に理解しておくことが欠かせません。受験生にとっては、その入試形態の基本方針に合致する範囲内に「答え」を投げ返すが、大学側から高評価を得るための必須条件となりからです。KOTOBA塾の「勝つ! 推薦/総合選抜特訓」は、大学側の意図を正確に把握し、そこから逆算して合理的に割り出された「ストライクゾーン」へとあなたを無理なく導きます。

    ダウンロード (3)
  • 「学校推薦型選抜」「総合型選抜」受験者に不可欠なのは、「自分を冷静に見つめる」こと!

    「志望理由書」「自己推薦書(自己PR書)」「面接」……これらは、「一般選抜」にはない、「学校推薦型選抜」「総合型選抜」の最大の特徴ともいえるアイテム。このことからも分かるように、両選抜試験に欠かせないのは、自分は一体どのような発想や価値観を持って生きて来たのか、あるいはこれから生きようとしているのかを受験生本人が大学に向けて表現する(=受験生が大学に対して自らの主体性をアピールする)という作業です。つまり、受験生は自己が何者であるかを語らなければならない。そして、自己を的確に語るには、自己を対象化する(=観察する)ことが不可欠であるのはいうまでもありません。充実した「志望理由書」「自己推薦書(自己PR書)」を書くためには、あるいは面接官を満足させることのできる回答を示すためには、自分を冷静に見つめ直すことによって、大学受験生ひいては大学生としての自己像(=自分は何者なのか)を自信を持って語れるようになっておくことが何よりも大切です。もちろんこれは「言うは易し」の大仕事。KOTOBA塾の「勝つ! 推薦/総合選抜特訓」では、こうした「基礎工事」の段階から懇切丁寧に指導します。

    ダウンロード (4)

CHECK!

「勝つ!推薦/総合選抜特訓」概要 

● 指導内容 : ①志望理由書 ②自己推薦書(自己PR書) ③小論文 ④面接 
● 開催期間 : 7/1(土) ~ 10/31(火)
● 単位 : 100分×8回 規定回数内で力量が合格レベルに達しない場合は無料で指導を継続
● 授業形態 : 1対1完全個別指導/1対3少人数個別指導  対面授業/オンライン授業  
● 特色 : 受験指導歴30年の塾長が直接指導  規定時間内での
添削回数無制限  LINE・メールを用いた無料追加指導を実施 
● 対象 : 2024年度入試において「学校推薦型選抜」「総合型選抜」のいずれかを利用する大学受験生


  • 1920タイル圧縮

    POINT01

    「学校推薦型選抜」「総合型選抜」の成否を決める要素とは?

    「志望理由書」「自己推薦書(自己PR書)」「小論文」「面接」……これらのいずれにも共通して言えるのは、自分には志望大学の学生にふさわしい資質があるというアピールを論述・回答に反映させなくてはならないということです。そうしたアピールを的確になし得るためには、それに先立ち、志望大学が求める学生像を把握しておく必要があります。つまり、志望大学の方針を正確に理解した上で研究学問に臨む覚悟が自分にはできている、ということを表明することが不可欠であるわけです。言い換えれば、「学校推薦型選抜」「総合型選抜」の成否(=成功するか失敗に終わるか)を決するのは、「数か月後の〇〇大学生」としての自分を紹介する自己プレゼンテーション能力なのです。(下に続く)

  • 1920石圧縮

    POINT02

    あなたが相対する「大学」の正体

    (上の続き)そして、大学が社会に広く開かれた公共的機関として「知の最先端」を担う存在である以上、どの大学においてもその研究活動のあり方は、現代思潮(=現代の思想の傾向)との強い関わり合いによって規定されています。上で述べた「志望大学の方針を正確に理解した上で研究学問に臨む覚悟が自分にはできている、ということ表明する」という作業は、実はこれだけの内容を踏まえた発想ができて初めて充実したものとなり得るわけです。(下に続く)

  • 1920タイル圧縮

    POINT03

    だから、あなたは合格する!

    (上からの続き)従って、「志望理由書」「自己推薦書(自己PR書)」「小論文」「面接」において採点官・面接官を満足させる論述・回答を行おうとするなら、志望大学が依拠する現代思潮について一定程度の知識・理解を有していることが重要になります。本講座では、入試本番(10~11月)が迫っているという緊急性を考慮し、「あれもこれも」と大量の知識を頭に詰め込むのではなく、数の限られた汎用性の高い(=幅広く活用できる)知識を習得し、そのかわりどのような課題が出されても、それら限られた知識をもとに発想し論述・回答することができるよう、丁寧かつ徹底して指導します。添削回数は無制限。何回も書いて、以上の技術を「身体に染み込ませる」要領で会得していただきます。

お急ぎの場合は電話窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~21:00


Access


KOTOBA塾

住所

〒277-0852

千葉県柏市旭町4-13-4

Google MAPで確認する
電話番号

04-7161-4321

04-7161-4321

営業時間

10:00~21:00

定休日
柏駅から歩ける距離に教室を構えながらオンライン授業にも対応し、大学受験や高校受験に向けた国語と小論文をマンツーマンで指導しております。強みや弱点を分析した上で一人ひとりに合ったきめ細やかな指導を行いますので授業についていけないということがございません。


特徴


お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

関連記事

Related